今年も江差北部の農家のかあさんが豆漬け作りを行いました。

2021年11月18日更新

江差町で古くから食べられている枝豆の漬物「豆漬け」を今年も漬けました。
「豆漬け」は道南地域の農家で古くから作られている食べ物で、昔は冬の保存食として、この時期に作り、3カ月ぐらい塩漬けにして、12月ごろから食されます。
そんな豆漬けを江差町にある「えさし水土里の会」では、この時期に枝豆を収穫して、塩漬けにしていきます。豆漬けの枝豆は鮮度が命なので、朝6時前から収穫し、手作業でさやをもいでいきます。
もいださやを洗浄し10分ほど硬めに茹でて、塩でつけて完成です。

そんな手作りした「豆漬け」は、江差町にある「ぷらっと江差」でご購入可能です。今年はネットでも販売予定です。早ければ11月下旬から販売予定です。販売開始の際はぷらっと江差のFacebookで紹介します。もうしばらくお待ちください。また江差町のふるさと納税の返礼品でも「豆漬け」が近日中に予約を開始する予定ですのでそちらもご利用ください。

豆漬けが、ぷらっと江差のWEB販売サイトで、予約を開始しました。
12月10日頃から随時発送します。
ぜひ、江差で昔から食べられている豆漬けをお買い求めください。

メディアでも「豆漬け」が紹介されました。

TOP