旧中村家住宅

概要

旧中村家住宅は「いにしえ街道」に面した緩やかな斜面に、「主屋」「文庫倉」「下ノ倉」「ハネダシ」という4棟が一列に連なっています。
「主屋」と「文庫倉」は明治20年ごろ、「下ノ倉」は江戸時代末に建てられました。「ハネダシ」は昭和56年に完成した修復建物です。
この建物は、明治時代は近江商人の大橋宇兵衛が所有していましたが、大正4年(1915)に同じ近江出身の中村米吉が譲り受けました。
昭和46年12月28日、国の重要文化財に指定されました。
昭和49年に中村家から江差町へ建物が寄付されました。
昭和55年1月から昭和57年3月まで修復工事が行われました。

開館時間

9:00~17:00

入館料

大人300円/小中高100円
 *15名以上の団体は、大人270円/小中高90円

「旧中村家住宅」「旧檜山爾志郡役所」「旧関川家別荘」の3施設共通入館券があります。
大人500円/小中高150円(団体割引はありません)

無料入館

江差町民の方
満70歳以上の方
障がい者手帳をお持ちの方

休館日

4月~10月は無休
10月~3月は月曜日・祝日の翌日
年末年始

旧中村家住宅
 〒043-8560 北海道檜山郡江差町字中歌町22
 TEL/FAX 0139-52-1617

TOP