霰庵の句碑(あられあんのくひ)

霰庵の句碑の概要

文化12年(1815)に建てられた句碑で、松尾芭蕉の俳句「いかめしき 音やあられの 桧木笠」が刻まれています。
この句碑は、蕉風俳諧の流れをくむ太呂が江差を訪れ、「霰庵」という俳句結社を作った際に建てられました。

松浦武四郎は、江戸時代末に蝦夷地を訪れた際に記した『再航蝦夷日誌』で、この句碑について言及しています。
彼は、「霰庵」という庵があったと記述しています。庵には篠山という俳人が住んでいましたが、現在は壊れてしまっているとのことです。
また、句碑のかたわらには翁塚があるとも述べています。

明治5年(1872年)には火災により句碑が傷んでしまいましたが、昭和6年(1931年)には鴎島の厳島神社境内に移されました。
そして平成24年(2012年)に現在の位置へ移動され、昭和52年2月17日、江差町の指定有形文化財として登録されました。





所在地 北海道檜山郡江差町姥神町
設置場所 姥神大神宮付近
※詳細はマップを参照

地図

TOP